歯周病光殺菌治療

IMG_2983 のコピー

歯周病治療とは細菌との戦い。

より安全に、より確実に、より早く、そしてより痛みのない歯周病治療

成人の80%が歯周病という現在、、
口臭が気になる、、、
歯ぐきが下がってきた、、、
歯ぐきが赤く腫れている、、、
歯ぐきから血が出てすっきりしない、、、
などの悩みをもたれ歯周病かどうか知りたい、歯周病を治したいと希望される方が多く来院されます。保険診療でも歯周病治療を行っていますが、患者さんのニーズにお応えするため歯周病光殺菌治療という最先端の治療をご提案させていただきます。

細菌が相手の戦い。だからこそよりしっかりと殺菌をする。

歯周病光殺菌治療は今までの歯周病治療に加えて光殺菌という大きなダメージを加えることで悪さをする細菌をより多く死滅させ、そして感染の再発防止にも大きく貢献します。

光殺菌治療とは

医科での肺、食道、胃、子宮頸部などの早期ガン治療にも光による治療は用いられています。
歯科では欧米を中心にからだに優しく安心な治療法として普及してきています。
歯周ポケットや歯ぐきの強い腫れなどに光感受性ジェルを塗布し光を当てることで活性酸素というものがつくられそれが歯周病菌などに高い殺菌効果を発揮するため歯周病光殺菌治療ではより確実な歯周病治療を行うことができます。

歯周病光殺菌治療とは

1 より安全に  →  副作用がない!

医科でも行われる治療法と上述しましたが、医科では同様の光感受性物質を血管内に入れるということを行っています。歯科治療、歯周病治療においても妊婦さんも安心して受けることができるというからだに優しい治療です。また、光殺菌治療は抗生物質による治療とは異なるため耐性菌の問題もありません。

2 より確実に  →  光による殺菌

歯周病治療とは、歯周ポケット内の歯周病菌や歯石をかき出すことで歯ぐきの炎症、つまり腫れや赤み、膿みを治すという治療です。 歯周ポケットも深ければ深い程、歯周病が進行していれば進行している程、歯周ポケットの深部にいる細菌を取り除くことが難しくなりますが、そのようなところに光殺菌を行うことでより確実な治癒がもたらされます。

3 より早く  →  集中治療を行い、より確実に治療をするということがゴールを早める。

歯周病光殺菌治療を行う際には予め全てのお約束をいただくことが可能ですので短期間で集中して治療を受けることが可能です。(ご予定が分かりづらい方などは一つずつのお約束ももちろん可能です。治療内容の関係もあり光殺菌治療に関しては優先的にお約束をいただきます。)
また、光殺菌により治癒が促進され、治癒期間が短縮されるだけではなくその後も良好な環境が維持されやすくなります。(維持していくため日々のブラッシングやメンテナンスは必要となります。)

4 より痛みなく!  →  多くの場合で麻酔が必要ありません。

光感受性ジェルを用い光をあてるという歯周病光殺菌治療自体には痛みは伴いません。ただ、クリーニングを行う際に”しみる””歯ぐきに鈍い痛みがある”という場合があります。患者さんのご希望に沿い麻酔なども行いますのでご要望があればお伝えください。

また、より確実な歯周病治療を行えるということが治りの悪い歯ぐきへの歯周病手術回避の可能性を高めます。

歯周病光殺菌治療の流れ

1 歯周病光殺菌治療についてのカウンセリング・ご説明
2 治療内容をご確認いただいた上で歯周病精密検査、レントゲン、写真撮影などの精密な検査 : 10,000円
3 歯周病の進行程度により、2〜6回(歯周病精密検査の結果により必要回数が決まります)での光殺菌治療。1回(4〜14歯) 1時間15,000円 (2回:30,000円〜6回:90,000円)
4 歯周病光殺菌が終わり再度の精密検査 
5 メンテナンス・PMTCへ (状態をご説明の上1〜6ヶ月程の間隔でご提案します)
 歯周病光殺菌治療は保険外診療となります。治療費は税別の表示となっています。
 


歯周病光殺菌治療の使用について

・マイクロエンドでも根管内に光殺菌治療を行います。

・PMTCでは患者さんの希望により2歯を上限に歯周病光殺菌治療を行わせていただきます。